NEW POST

食べ物の盛り付けと嗜好

初めて辻利で宇治金を食べました。

f0361505_23563377.jpg


これで4ドルちょっとだったので、それほど高くはないですね。宇治金が懐かしくなったらこれでもいいかな。
でもね、器の形をお皿型にしてもらえないかしら・・・ 上のほうの氷をすくいづらいし、スプーンを入れると周りにこぼれます。辻利さん、一考を。

この国に来て驚いたのは、抹茶のスイーツがすごく多いこと。
どんだけ抹茶を好きなんだろう、と思うほど抹茶味のものがいっぱい。
時々見ているシンガポーリアンのインスタも、とにかく抹茶系の写真が多いし・・・どうして抹茶が人気なんだろ?
日本で、アイスクリームのフレーバーで何が好き?と訊かれて「抹茶」と答えると「珍しいね」と言われていた私。 今の日本人よりシンガポール人の方が抹茶好きが多いんじゃないかしら。

ちょっと語るよ、私。笑

シンガポーリアンの食べ物の嗜好って、ウン十年前とは変わってきているのは事実。
ウン十年前、シンガポーリアンの留学生さんはみんなマイ・チリソースを持ち歩いていました。何にでもチリをかけて食べていたんです。私が作った巻き寿司にチリをつけて食べられて、内心ムッとした記憶がありますから。
でも今や、そんなシンガポーリアンは少なくなってきているような気がします。 お寿司屋さんでチリかけてる人なんて居ませんもんね。色々な料理が登場し、味覚もどんどん変わってきたのでしょうか。

サラダだっていまは普通に食べているし大人気ですけど、生野菜を食べる習慣はここ10年くらいじゃないですか?
中華系の人が多いから、火を通さないものってあまり食べなかったですもんね。
今、チャイニーズが刺身を食べているなんて、ウン十年前の私には想像もつきませんでした。 生魚を食べる私たちを「うへッ!」としかめっ面で否定していた彼らですから・・・まさかの展開です。

日本に居る時、プレバトという番組をよく見ていました。
料理の盛り付けのコーナーの土井善晴氏が、料理の盛り付けは、きれいに盛るのではなく、美味しそうに見える盛り方をしなくちゃいけない。そして食べやすく盛るのが基本っておっしゃってました。
シンガポールに来て、色々なお店で食べましたが、ものすごく美味しいと思ったことが無い・・・ 決してマズイわけではないのになぜか。
それって盛り付けにも一因があるような気がします。

ちょっと前に行った和食店で、お刺身がこんなふうに出てきました・・・。 えっ・・・

f0361505_23554975.jpg

こういうほうがシンガポーリアンにはウケるのでしょうけど、日本人としては辛い絵面です。

シンガポールで流行っているのでしょうか、こういうパスタの盛り付けをよく見かけます。


長い箸でクルクルと巻いて、お皿にのせる盛り付け方のようです。
でも、これってものすごく食べにくくないですか?
どこからすくっても、適量を取ることが出来ないし、結局端から切って食べるという・・・パスタの意味が無いじゃない。

あと、こういう風にお皿の端っこにチョロリと盛るのも流行り?


この美的感覚が理解できないわ。
真ん中に何かあって端っこにもチョロリならわかるけど。
ちっとも美味しそうに見えないですよね???

盛り付けって大事。
 ...と言いながら、自分の作った料理の盛り付けを見て、アッチャー。まず自分が勉強せねば・・・💦

[PR]
by cucumbersg | 2017-04-04 22:03 | シンガポール諸々 | Comments(0)

シンガポールの生活備忘録と言いたい放題日記                  *メールはプロフィールからどうぞ


by きゅうり