NEW POST

KLで初魚生

旧正月前から、野菜の千切りプレート『魚生』がスーパーやレストランのメニューに登場しておりました。
はて、どうやって食べるのだろう? もしかして食べないのかな? 
ぐぐってみると、旧正月にシンガポールとマレーシアだけで行われる慣習のようです。
本土の中国人はやらないのか。 どうしてこの2か国だけなんでしょうね。

前回KLに行ったときに、リッツカールトンの広東料理の飲茶が美味しかったので、今回も行ってみました。

f0361505_15362515.jpg


ちょうどお正月ということで、お昼のメニューは新年コースしかありません、と言われました。あらら、ショック。
それでもコースのお値段がリーズナブルだったので、コースを食べることにしました。

どのコースも最初に魚生が入っています。
お店のお姉さんに、私たちは初めてなのでどうやって食べるかわからない、意味を教えてちょうだい、と注文。
で、こんなふうになりました。

f0361505_15360522.jpg
日本のお正月の料理にもいろいろ意味があるように、この魚生にも色々意味があるのですね。
魚生、食べてみましたけど、ちょっと甘すぎる・・・
プラムソースかけすぎじゃない?
これ食べたら、他の料理を食べられなくなるので、ちょっとだけ食べて終了。

近くのテーブルでは、ご家族が立ち上がって「ローヘイ!」を始めていました。

f0361505_15362027.jpg


立ち上がって挙げないとだめなんですね。

コースのほかの料理は、飲茶系やローストポーク、写真には無いですけど炒飯やお汁粉などもありました。

f0361505_15373546.jpg

f0361505_15363058.jpg


でもあんまり味の記憶が無い・・・
旧正月ではなく、普通のときに食べる料理のほうが美味しいね・・・

ま、それでも良い思い出になりました。
ローヘイ、ローヘイ。


[PR]
by cucumbersg | 2017-02-11 16:00 | 2017クアラルンプール | Comments(0)

シンガポールの生活備忘録と言いたい放題日記                  *メールはプロフィールからどうぞ


by きゅうり