NEW POST

バタンとセロリ

シンガポールでもゴボウやレンコンは手に入ります。 日本産なら当然ながら高額です。
それ以外なら比較的安いのですが、レンコンは伊勢丹にあるマレーシア産以外はほとんど中国産しか見かけません。
このあいだべオクレセントのウエットマーケットでレンコンを見つけたので、フロムチャイナ?って訊いたら、お兄さんが「チャイナ!レンコンはチャイナしかないよ!」と当然のようにおっしゃいましたしね。 伊勢丹にマレーシアのあるもんねーと思ったけど、口には出しませんでした。
豪産のゴボウは見るからに美味しくなさそうなスカスカした感じのものが多く、みずみずしいのはやっぱり中国産(^^;)なんですねー みせかけのみずみずしさなのか、本物なのか・・・ やっぱり買えない私。

日本に居るときは、ゴボウよりもレンコンきんぴらをよく作っていました。
こちらに来てからというもの、なかなかきんぴらを作れなくて、副菜を何にしようかいつも悩みます。

前からよくのぞいていた香港在住のブロガーさんの記事に、セロリのきんぴらのレシピが出ていました。
これならシンガポールでも出来そう。 束で売られているセロリを腐らせることもなく大量消費出来そう!
早速作ってみると、これがなかなか美味しくって、メインのおかずより副菜に箸がのびてしまいます。
作り方も簡単なので、しょっちゅう作っています。

セロリをスライスする。

f0361505_22360607.jpg

ごま油でじっくりと炒める。 お醤油をかけて味をつける。 私は少しお砂糖も入れてみました。
ごまをふって出来上がり。 うちはラー油が無いので辛味はつけてませんが、じゅうぶん美味しいです。

f0361505_22361891.jpg

セロリが嫌いな人にとっては、地獄のような味かもしれませんが(笑)、好きな人には絶対おすすめです。


このあいだ鯵の塩焼きを焼くのを失敗して、夫から
「無理して和食を作らなくていいんだよ。素材が違うんだから、同じようにできっこないんだよ。油で焼いたりソースつけたりして食べればいいんじゃないの。」と、慰めにもお叱りにもどっちにも取れるお言葉をいただきました。(´;ω;`)ウッ…
要するに私の料理でまだ美味しいと思ったものが無いらしい・・・特に魚は。くそッ。
意地でも魚料理を作ってやる~~

フェアプライスにあった、batang steak という名札のついたお魚。バタンというのは皮や身の色でどうやら『鰆』っぽい。
ステーキというからには、これを焼いて食べるのでしょうね。
切り方もこれですもん。日本で鰆をこんな切り方で売ってるところはないでしょう。

f0361505_22362047.jpg

ステーキと書いてあっても、焼かずに煮ました。 失敗をできるだけ回避したいので・・・ 巨大なオクラを添えてみました。 ここまで巨大に育てなくてもというくらいデカかった。
硬いスジがあるのも何本かありましたが、おおむね大丈夫。 

f0361505_22362436.jpg

日本の鰆は身がとてもやわらかいですが、バタンはけっこう硬め。少しぱさぱさ感があります。
それでも美味しくいただけましたわ、私は!

こちらの魚の味はイマイチだけど、毎日肉食も嫌だし、ベジタリアンになるのも嫌だし、これからも煮魚にしてごまかして食べて行こうと思います。

[PR]
by cucumbersg | 2016-08-01 23:01 | シンガポールで家ご飯 | Comments(0)

シンガポールの生活備忘録と言いたい放題日記                  *メールはプロフィールからどうぞ


by きゅうり